2008年07月09日

臺南氣象博物館(旧 台南測候所)

1 

明治31年(1898)に竣工した測候所は、綺麗に修復されて博物館になりました。


台湾総督府は、台北、台中、台南、恒春と澎湖の五箇所に測候所を設けました。五箇所ともほぼ同じ建物だったと思われます。現在でも残っているのは台南だけだそうです。現在はビルに囲まれてしまい、観測するには不向きな場所になっていますが、建設当時は街外れで一番見晴らしの良い場所だったようです。昔は高い建物は何もなかったのでしょう、当時はここから安平港まで見渡せたとか。建物の乱立する今の風景からは想像も付きません。

現在は、古跡として美しく修繕され、気象博物館として余生を送っています。小さい建物で目立ちませんが、台南の古い建物が多くある地区にありますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

http://south.cwb.gov.tw/
台灣南區氣象中心
(バーチャル博物館があり、測候所の中を歩くことができます)

臺南氣象博物館 中西區公園路21號

クリックありがとう(*^^)/

posted by Sumi at 15:07| 台北 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多分この近くを通っていると思うのですが、ぜんぜんこの建物には気づいていませんでした。
なんと言っても、日差しが強いので、帽子に日傘で下を向いて歩いてますので、、教えていただかないと、ずっと知らなかったと思います。

それで、思い出したのですが、誠品書店の台南店で、ずいぶん前ですが、全て違う台南周辺の古い建物の絵が書かれている、楕円形のトランプを販売していて、改めて見ますと、そのJ のハートにこの建物が載ってました。

簡単な説明もついていて、十八角形の建物で、中央のこの塔は、昔、胡椒管 と呼ばれていたとありました。

こちらを見せていただいてから、このトランプに載っている、日本時代に建てられた、建築物を私も行って見てみようかなという気になりました〜。

また、ぜひ素敵な建物教えてくださ〜い。
Posted by yose at 2008年11月05日 11:45
yoseさん

測候所だけに昔は一番高い建物だったとおもいますが、今では高い建物に囲まれてしまい目立ちませんから、気付かないのも当然なのではないかと思います。

塔は胡椒管と呼ばれていたのですか!
誰が呼び始めたのか分かりませんが、中々センスが良いですね。
Posted by Sumi at 2008年11月08日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。