2008年10月09日

廬山温泉 温泉小徑 鼎廬餐飮茶藝への道

先日(2008年)の、辛樂克颱風(台風13号)により甚大な被害を受けてしまった廬山温泉、一日も早い復興を願い、災害前の姿を紹介したいと思います。

温泉小徑

塔羅灣溪沿いにある温泉街を上流側に進むと、温泉街はぷっつりと終わります。その先には、賑やかな温泉街とは余りに対照的に、川音しかしない崖沿いのスリルのある小徑となります。この道の終点に鼎廬餐飮茶藝がありました。


温泉小徑

後ろを振り返るとこんな感じです。
すぐそこまでは賑やかな温泉街なのですが、あまりの差に驚いてしまいます。

鼎廬餐飮茶藝 遠景

終点の鼎廬餐飮茶藝が見えてきました。
小徑を10分程度の道のりです。斜面にへばりつくように建つ建物はそれだけでスリルがあります。まるで廃墟かと思わせる建物は、子供の頃から探検好き(?)という方は、ワクワクすること間違いありません。

まるで廃墟

近づいてみても、廃墟にしか見えません…。 
本当に営業しているのでしょうか。

人の気配はしました

湯気か煙が出ているので、とりあえず人がいることは間違いないようです。
ちょっと安心しました。ものすごく遠くへ来てしまった気がします。

鼎廬餐飮茶藝の入口

とても静かなのが不安を掻き立てるのですが、明かりは点いていますし、どうやら営業しているようです。
怪しい雰囲気が満点ですが、階段を上がってみましょう。

クリックありがとう(*^^)/



posted by Sumi at 10:53| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。