2009年06月01日

高雄捷運

派手な美麗島駅

2008年3月に紅線が開通、9月には橘線も開通し、高雄の市民の新しい足となった高雄捷運。
紅線と橘線の路線は十字に延びています。東京で言えば南北線という感じです。唯一の乗換駅である美麗島駅には、祈りを表したというステンドグラスの作品があります。物凄く豪華な作品で初めて見たときは圧倒されました。しかし、普通に乗り換えると見ることが出来ない駅の構造になっていて残念なところです。また、駅舎は日本人の設計士による作品とのことです。


9月に開通した橘線、いつ乗ってもガラガラです。
西の西子湾は旗津に行くには便利ですし、東の鳳山も高雄市のベットタウンとして栄えています。走っている場所は悪くは無いと思うのですが、乗りなれたバスの方が良いのでしょうか。頑張ってほしいものです。

気になったのは捷運の到着と発車のメロディです。 (1:10秒位から)
発車メロディは日本でも一般化していますが、ここでも採用されています。でも、高雄で使われているメロディ、某会社のものにそっくりで驚きました。こんなに似せても良いのでしょうかね…。

クリックありがとう(*^^)/

posted by Sumi at 00:50| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120606110

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。