2009年06月08日

後壁駅

昔走っていた列車

後壁駅は嘉義の南にあります。優等列車は停まらない小さな駅です。


後壁駅正面

現在の駅舎が建てられたのは昭和18年(1943)9月、その2年前に地震で倒壊し建て直されました。同時期に建てられた林鳳營駅とそっくりです。同じ設計図で建てられたと思われます。屋根を支えるY型の柱が独特の形をしています。

駅舎内部

駅舎の中は懐かしい雰囲気にあふれています。

Y柱が特徴的

60余年、まもなく70年を迎えますが、とても綺麗に使われていて古さを感じさせません。日本で管理されることなく荒れ放題となった無人駅を見ると悲しくなります。しっかりと手入れがされていて、ゴミ一つ無い駅というのは気持ちのよいものです。迎えてくれる駅員さんがいる駅は良いものだななぁと強く感じます。

後壁駅 台南縣後壁郷後壁村77號

クリックありがとう(*^^)/

posted by Sumi at 06:23| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121059511

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。