2010年08月16日

番外篇 空芯菜を育てる 其ノ六

白空芯菜を半分収穫

8月16日。栽培40日目。
白空芯菜を半分ほど収穫しました。


白空芯菜は、頭に「白」と付くだけあって、空芯菜と比べてみると多少青さが薄いのが特徴です。また、茎が太いように思われます。

 茎を刺したところ

今回はサラダにしてみたのですが、ここで使ったのが“空芯菜カッター”という道具。なんでもベトナムではどこの家庭でもある道具とのことです。金属の串の先にカッターが付いていて、空芯菜を縦に裂いてくれます。
根元から画像のように突き刺します。

 八つ裂きならぬ十二裂き

空芯菜をカッターに通すと、八つ裂き、いや十二裂きにしてくれます。 これは便利です。
裂いたあとは、水に晒しておくとエグ味が消えます。台湾では生のまま食べたことがありませんでしたが、結構美味しくい頂くことができました。

クリックありがとう(*^^)/

posted by Sumi at 23:59| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。