2006年10月15日

平渓線 後篇

平渓線 中篇 の続きです。

菁桐駅へ列車が到着します

平渓線を走破した列車は、終点の菁桐駅へ到着します。


菁桐駅です。ちょっと写真が古いです。

終点の菁桐駅の駅舎は日本時代に建てられたままの姿を保っています。写真は少し前に撮影したものです。 現在はもう少し綺麗に整備されているようです。
木造平屋の駅舎、日本でも少し前までは良く見かけたものです。

駅待合室

待合室で列車を待っていると、ここが台湾だということを忘れてしまいそうです。

廃墟と化したホッパー

駅構内はとても広く、石炭輸送が盛んだった名残りで貨物用の線路が何本もありました。今では使われることは無く、 殆どの線路が草生しています。廃墟となったホッパーが、かつての栄華を偲ばせます。

菁桐駅前は休日は観光客で賑わうそうですが、平日はひっそりとしています。古い建物は駅舎だけではなく周辺にも残り、 独特の雰囲気を醸し出しています。古い街並みに興味のある方は、散策をするのも楽しいのではないでしょうか。

山あり谷ありの景色の変化に富んだ平渓線は、とても遠くへ来た気分にさせてくれます。
街の喧騒から離れたくなったら平日がお勧め。のんびりと旅を楽しめます。

平渓線 三貂嶺−菁桐間
主な列車の始発となる瑞芳駅へは台北駅から電車で約50分
台北市木柵と平渓を結ぶバスもあります

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 22:02| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

台湾、平渓線に復活した蒸気機関車
Excerpt: 台湾北部を走る平渓線に蒸気機関車が復活。2006年6月10日、鉄路節と呼ばれるイベントで日本製蒸気機関車が平渓線を走った。現在はCK124と呼ばれtれいるこの機関車は日本統治時代に持ち込まれたC12。..
Weblog: ktkr音鉄特捜百貨店ー音鉄日誌2006
Tracked: 2006-10-26 16:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。