2006年11月19日

台灣煤礦博物館 引込み線(オマケ)

引込み線跡

台灣煤礦博物館の入口を入ったところに、石炭輸送の為の引込み線が残っています。写真の向こう側が平渓線になります。炭鉱が閉山した現在、 平渓線から切り離されていて草生しているのですが、この廃線跡に手動トロッコが置いてありました。


手動トロッコ

このトロッコ、レバーを上下することで動力を得る仕組みになっています。
子供の頃によく見た“トムとジェリー”で出てきたことを思い出しました。これって、本物があるのですね。

動かしてみました。クリックして下さい。

とりあえず、 動かして見ました。
これが想像以上に楽しく、思い切り楽しんでしまいました。(動画)

寂しく残る、踏切標識。

平渓線と繋がっていた線路は剥がされて、踏切も綺麗になくなっていました。
線路はなくなりましたが、今でも踏切を示す標識が残り、ここに引込み線があったことを伝えています。

http://www.coalmine.com.tw/
台灣煤礦博物館

台灣煤礦博物館 台北縣平溪郷新寮村頂寮子5號
十分駅下車 徒歩約10分

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 23:16| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。