2007年01月21日

お疲れ様、七堵駅舎

七堵駅

台北駅から基隆駅へ向かって進むと七堵という駅があります。
最近、この駅付近には鉄道の大きな車庫が出来、七堵駅始発の自強号なども存在します。


七堵駅舎

小さな小さな駅舎が建ったのは、明治30年(1897)のこと。今年110歳を迎えました。

台湾の鉄道史上とても貴重な駅舎は、駅の移動に伴い役目を終えました。
既に台北方面(下行き)列車は新駅舎よりの発着となっていて、基隆方面(上行き)のみの発着となっていました。 上行き列車も1月21日から新駅舎へ移り、20日をもってこの駅での営業を終了しました。

前日の19日に訪れた時には、鉄道ファンだけではなく多くの見学者でかなりの混雑でした。
今後、保存されるのか解体されるのか不明です。出来ることならば修復の上保存してほしいのですが、 かなり補修を受けていて現状では難しいかもしれません。

旧七堵駅舎、110年もの長い間お疲れ様でした。

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 22:09| 台北 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック