2007年03月03日

新竹駅

ホームより眺める新竹駅舎

台湾の鉄道は、清の時代に基隆から新竹まで建設されたのが始まりです。
台北からの日帰り観光地として人気がある内湾線(※)の分岐駅でもあり、 いつ訪れても活気のある駅です。


新竹駅舎正面

現在の駅舎は大正2年(1913)に建てられたものです。
威容を誇る駅舎は、当時の姿を今に伝えています。建物の輪郭に凹凸が少なくすっきりと見えるせいか、中央の時計塔が引き立って見えます。 子供の頃、大きい駅には立派な時計がありました。時計をみんなが持ち歩けない時代には、駅の時計というのは時間を知る上で重要だった筈です。

新竹駅ホーム

台湾の古いターミナル駅はとても広いホームがあるのが特徴です。
こういったホームにも懐かしさを感じます。

大きい駅舎だけあり、天井も高く広々としています。
いつまでも新竹の顔であってほしいです。

夜にはライトアップされて、昼間とはまた違う姿を見せてくれます。
この歴史ある美しい駅舎を眺める為だけに、途中下車をする価値はあると思います。

※内湾線は2007年3月1日より新竹-竹東間において、工事の為3年間の予定で運休しています。

新竹駅 新竹市東區
台北駅から自強號利用で約1時間

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 21:00| 台北 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え…3年間だったんですか!?
てっきり1年間だと思ってました…(汗
去年の年末に内湾に行ったんですけどそのときの
デジカメのメモリーを紛失してしまったのでもう一度
と思っていましたがちょっと先になりそうですね…
Posted by 幻夢 at 2007年03月04日 02:35
幻夢さん

確か工期は44ヶ月だったと思います。
かなりの区間で高架化されるらしいです。
Posted by Sumi at 2007年03月04日 11:24
こんにちは、洪と申します。新竹に住んている台湾人です。今の内湾線は「捷運化」の工事の為運休していますが、来年内湾線の工事完了する時、新しい内湾線の「六家駅」〔新設駅)と台湾新幹線〔台湾高鉄)の 「新竹駅」と乗り換えることができるよ。
Posted by 洪晨祐 at 2010年12月24日 23:02
洪晨祐さん、こんにちは。
書き込みをありがとう。

竹東へ行くことがあるのですが、内湾線が運休してからとても不便です。
早く開通して欲しいです。
Posted by Sumi at 2010年12月27日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

No.59 風城食堂
Excerpt: 先週、台湾・新竹市で食堂(廟に併設した屋台)に入った。風城食堂という風情がある店名である。新竹はビーフンで有名なところだ。また一年中風が吹く地区でもある。 そこから 「風城食堂」と命名されているそうだ..
Weblog: 千点写行
Tracked: 2007-03-04 07:22