2007年03月24日

可愛動物飼料販賣機

新竹市街を流れる小さな川の橋の袂に、ペンギンの像のようなものがポツンと立っていました。
鳥のようですが、体には「魚〜」と書かれています。

近づいてみますと、それはやはり鳥でした。
「可愛動物飼料販賣機」という餌の販売機でした。羽には魚飼料と書いてありますが、鳥も食べることが出来る餌のようです。“可愛”は日本語で “可愛い”の同様の意味です。可愛い動物に餌をやりましょう、ということなのでしょうが、周囲には魚を含めて動物が全然見当たりませんでした。

一体、誰にあげたらいいのでしょうね…(^^;)。

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 21:17| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。