2005年06月26日

龍山寺

龍山寺本堂

龍山寺は台湾で一番古く、且つ、とても有名なお寺です。
台北の街の中でも歴史のある、萬華というところにあります。

長い間、本堂屋根の修復が行われていましたが、
3月に訪れたときには工事用の屋根全体の覆いが外されて元の姿に戻っていました。

参拝客は年配者と観光客が多く感じられます。

本堂は観音様なのですが、後ろの建物には三国志の関羽帝がいらっしゃるなど
多くの神様が同居しています。関羽は道教だったような…。

本堂を取り囲む建物には、日本時代の名残を見つけることが出来ます。
かなり高いところにあります。探してみてください(^^)

お寺には日本語ガイドもいらっしゃるようです。
私は団体旅行のガイドさんの案内を便乗で聞かせて貰いました。

以前、お寺の手前には、占いのお店を中心に一坪程度の店が軒を連ねていましたが、
先日訪れたときには綺麗に全てなくなり、新しい広場になっていました。
占いの店は広場の地下商店街に移転したようです。

雑然とした雰囲気が好きだったので、ちょっと残念。

龍山寺 台北市廣州街211號
MRT板南線 龍山寺駅下車 徒歩約5分

posted by Sumi at 12:54| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 寺廟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

台湾への旅 <2>龍山寺
Excerpt: 台北桃園国際空港に到着すると、歓迎の横断幕が待ち受けていた。ちょっと気恥ずかしい。
Weblog: 古谷千秋の食い倒れ日記
Tracked: 2007-01-15 20:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。