2005年07月08日

台北二二八紀念館

台北二二八紀念館

二二八紀念館は台北駅の南側、二二八公園の中にあります。

日本時代の「台北放送局」です。放送と言っても、当時はテレビはありませんからラジオ局です。
昭和6(1931)年に建てられました。

この近辺に残る日本時代の建物は煉瓦作りや石造りが多いのですが、
それらとは違いとても美しく優雅ささえ感じる建物です。

二二八事件は闇煙草売りの女性への暴力的取締りをきっかけに起きた民衆弾圧事件です。
民主化が進むまで、話すことすら命の危険をさらすことになる時代が続きました。
台湾の悲しい歴史がここにあります。

台湾の歴史を語る上で、ここは外す事が出来ない施設だと思います。
個人的な思いとしては、故宮博物院よりもここを訪れてほしい。

日本語世代のボランティアの皆さんも多くいらっしゃいます。
分かりやすく説明して頂けますので、是非訪れてみて下さい。

http://228.culture.gov.tw/web/
台北二二八紀念館

台北二二八紀念館 中正區凱達格蘭大道3號
MRT 台大醫院駅 下車すぐ

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 15:59| 台北 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB,コメント謝謝(http://blog.livedoor.jp/eats/)。まったくその通りですね。故宮もいいですが、ぜひここを訪ねて近代史を知って欲しいですね。台湾の近代史はすべてはここからスタートですから・・・。
毎週月曜日は休館です。
Posted by eats&ethnic at 2005年07月18日 21:31
コメントありがとうございます。
決して故宮が悪い訳ではありませんが、故宮は台湾の歴史ではないですからね。
やはり二二八紀念館に多くの方が訪れてくれれば嬉しいですね。
Posted by sumi at 2005年07月20日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック