2005年07月22日

それは買わないでほしい…

真剣に日本語学習の本を立ち読みをする学生さん

ある書店でのこと。
台湾人はどんな本で日本語を勉強しているのかなと、日本語学習のコーナーへ行ってみました。

日本語学習のコーナーはかなり賑わっていました。
その中に真剣な眼差しで本を見入る女子中学生がいました。

余談ですが、台湾は日本語を勉強する人が多く、かなり上手な人が多いです。
日本では駅前留学といえばN○BAですが、台湾では至る所に地球村という日本語や英語を習うことが出来る語学学校があります。

そんな日本語学習が盛んな台湾の日本語学習コーナーで、彼女が真剣に読んでいたのは…

 

惡口の日語…クリックするとちょっとだけ中身が見ることができます。

「悪口の日本語」 でした。 わ、悪口って… (-_-;)

立ち読みしてみたのですが、ここでは書けないぐらいの物凄い汚い言葉の羅列でした。
言い争いで相手を罵るような言葉が多く、驚きで固まってしまいました。
昔は使っていたのでしょうが、既に死語になっていて、(日本人なのに)単語の意味が分からないものも。

台湾の皆さん、わざわざ汚い言葉を500例も覚えないで下さい…。
懸命に覚えても、なに一つ良い事なんてありませんよ〜(叫)。

こんな本、買ってはいけません。
というか、最初から作らないで欲しいのですけどね。

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 16:59| 台北 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前資格を取って日本語を教えていたのですが、学生は悪い言葉ってすぐ覚えてくるのです。なのでこんな本でおかしな言葉を勉強するなんて言語道断です。言葉には魂が宿っているのだから、あえて机上でそんなこと習得しないで欲しいですね。
しかも内容を垣間見ましたが、この先のひどさは推して知るべしですね。こんな本で大好きな台湾の若い人が日本語を学習すると想像するだに胸が痛みます。
Posted by めろんちゃん at 2005年07月23日 14:11
めろんちゃん、書き込み有難う。
確かに人は悪い言葉から覚えますよね。本当に驚きの本でした。
それほど売れているとは思いませんが、早く書店から消えることを願ってます。

Posted by sumi at 2005年07月24日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。