2005年10月15日

台北捷運 新北投支線

台北から捷運(MRT)に乗って北投へ。
そこから北投温泉に向かう小さな支線があります。台北捷運新北投支線です。


新北投支線は、元々台湾鉄道管理局の路線で大正5年(1916)に開通し、捷運(MRT)化の為に昭和63年(1988)年に廃止され、 平成9年(1997)に再開通した路線です。
北投駅−新北投駅間僅かに1.1q、3両編成の列車が行ったり来たりしています。

北投駅舎

北投駅淡水行ホーム

起点の北投駅です。とても美しい駅舎です。
地下区間が殆どの捷運ですが、淡水線は高架区間が多く車窓も楽しめます。

新北投行き支線列車

これが、新北投行の3両編成の列車です。
一般の車輌と変わりませんが、前面に縦書きで「新北投列車」と書いてあります。

新北投列車 車内

車内はガラガラ…。
列車は弧を描くように進み、あっという間に新北投駅へ。

新北投駅ホーム

新北投駅 駅舎

支線の終点とは思えないほど立派な新北投駅の駅舎です。
温泉街の入口ですから、これぐらい立派でもいいのかもしれません。

この小さな支線に驚きの報道が!
愛知万博の輸送で活躍した「リニモ」 をこの支線に導入するそうです。

本当に建設が決まれば、この支線列車には乗れなくなります。
乗るなら今のうちですよ。

クリックありがとう(*^^)/   



posted by Sumi at 01:02| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北投
Excerpt: 突然ですが、うちの母は12人兄弟の末っ子なんですよ。 完全な?女系家族なのか、お祖父ちゃんはだいぶ昔に他界し、 今は母の姉妹7人、兄弟2人が健在です。 で。そのうちの伯父さんちにお祖母ちゃん..
Weblog: Cafe De Bangkok
Tracked: 2005-11-07 21:47