2008年03月10日

集集線 後篇

集集線 前編の続きです

 22

緑色隧道を駆け抜けた列車は、路線名となった集集駅に到着します。


集集駅舎

集集駅舎は切妻造りの木造平屋建てです。
昭和5年(1930)に完成した木造駅舎は1999年の集集地震で倒壊してしまいました。しかし、倒壊した駅舎の使える部分はできるだけ再利用して修復工事が行われ、2001年に元の姿を取り戻しました。屋根瓦などに至っては一枚一枚番号を振って回収し利用したとのことで、一度倒壊したとは言え、当時の駅舎が残っているといっても差し支えは無いのではないでしょうか。

出札窓口

平日は閑散としている集集駅ですが、休日になると駅を観る為に観光客が訪れて大混雑します。駅ですから、鉄道利用の人も多いのですが、団体バスや自家用車で訪れる人が大半です。これは列車本数が少ないので仕方が無い面もあるとは思います。

22号機関車

駅前広場には阿里山で活躍した22號蒸気機関車が展示されています。
阿里山の機関車が何故集集駅で展示されているのかは分かりません。この機関車の面白いところは、(写真でも見えていますが)車輪へ動力を伝える手段がギアというところではないでしょうか。写真に移っている側にのみシリンダーと駆動装置があり、反対側にはないため左右非対称です。速度ではなく牽引力に重点を置いた設計だと思われますが、貴重な機関車だと思います。阿里山鉄道では25號機関車が現役で運行されているそうなので、動く姿を一度見てみたいものです。

集集線の資料が展示されています

駅の横には集集鉄路文物館という建物があり、集集線の日本時代から現在までの歴史が展示されています。

展示資料の中の一枚 被害の甚大さが分かります 

集集鉄路文物館に展示されていた写真の中で、印象に残った一枚がこれ。
集集地震の際の線路は余りにひどい状態で、よく立ち直れたものだと思います。隣接する建物では、鉄道グッツや集集のお土産物を販売する施設があります。ちょっと怪しい雰囲気があり中々楽しめますので、文物館と併せて訪れてみては如何でしょうか。

終点、車てい駅にて

終点、車[土呈]駅ではゆっくり出来なかったので、今度訪れたときには駅周辺も歩いてみたいと思います。

駅周辺の道路には「集集駅」と書かれたプレートが

集集駅前の道路に埋め込まれたプレートには集集「驛(駅)」の文字がありました。
台湾では駅は車站と表記します。これは日本時代を意識して使用したと思われますが、駅でも通じるのでしょうか?



posted by Sumi at 16:35| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。